イェゼラ

イェゼラ

ムルテル島南東海岸に位置し、ティスノ村の橋から3キロのところに位置するこのムルテル島最小の集落は、春と秋の降水で渓谷に姿をあらわし、太陽の季節が到来すると消えてしまう小さな湖群(クロアチア語で湖はイェゼロ)にちなんで名づけられています。イェゼラJezeraには、13世紀から人が住みつくようになり、その当時から優秀な船乗りとしてよく知られていました。ここには、島の名前の由来になったモルタルMortar丘もあります。小さな耕作地では、ブドウやオリーブ、イチジクが育てられ、それらは、旅行者たちも楽しむことができます。ここからは、コルナティ諸島のほか、シベニク地方やザダル地方のそのほかの国立公園へ行く日帰りツアーに参加することもできます。